消費動向調査

印刷

最終更新日: 2023年11月29日

長野県内消費動向調査(2023年10月調査)
物価高を背景に消費の抑制姿勢強まる

本調査は、県内の消費動向や消費者意識を把握するため、県内1,000世帯を対象に、3カ月ごとに実施している。
 

新型コロナに対する意識や消費行動の変化について
新型コロナ感染拡大前と比べた消費行動は、「抑制的」の割合が上昇
今後の消費行動も「抑制的」の割合が上昇
消費行動を抑制する理由は、「物価の上昇」が6割を超える
3年前の調査に比べ、「県外旅行」に抵抗を感じる割合は低下
今後増やしたい消費行動は、「国内旅行」が引き続きトップ

 

<物価について>
物価の上昇を感じている人の割合は9割を超える
物価の上昇を感じている項目は、食料品代がトップ
家計支出を抑えている項目も食料品代がトップ
「収入は増加した」の回答割合は低下

 

リリース資料ダウンロード(PDF)

 

このページに関するお問い合わせ

産業調査

電話番号:026-224-0501

FAX番号:026-224-6233