長野県消費者態度指数

印刷

最終更新日: 2018年2月9日

長野県消費者態度指数(2018年1月調査)

  • 本調査は、県内消費者の今後の暮らし向きの見通しなどについての消費者の意識や物価の見通しを把握することにより、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的としています。
  • 本調査は2016年7月(物価見通しは16年10月)より実施しており、傾向が把握できる調査量となったため2017年12月より公表を始めました。

 長野県消費者態度指数の推移

  • 1月の長野県消費者態度指数(総世帯)は、前期比0.1ポイント上昇し42.4となった。長野県消費者態度指数は、横ばいで推移している。
  • 消費者態度指数を構成する各消費者意識指標について、2018年1月の動向を前期差でみると、「暮らし向き」が0.2ポイント低下し40.3、「収入の増え方」は変わらず40.9、「耐久消費財の買い時判断」は1.4ポイント低下し41.4となった。一方、「雇用環境」が2.1ポイント上昇し47.1となった。また、「資産価値」に関する意識指標は、前期差2.8ポイント上昇し46.3となった。

 

長野県消費者態度指数の推移(総世帯、原数値)

 

 

消費者意識指標の推移(総世帯、原数値)

 

 

リリース資料ダウンロード(PDF)

 

このページに関するお問い合わせ

産業調査

電話番号:026-224-0501

FAX番号:026-224-6233