機械器具卸

印刷

最終更新日: 2021年1月27日

2020年10-12月の現況と2021年1-3月見通し

新型コロナの影響により設備投資の抑制が続き、機械需要は低調だったが、生産活動の持ち直しに伴い消耗品需要は増加した。今後も設備投資に慎重な姿勢は変わらず、機械需要は低水準が続く見通し。

工作機械やFA機器などの機械需要は、半導体製造装置向けでは堅調が見込まれるものの、自動車関連では投資の抑制から低迷し、全体では低調な見込み。機械に取り付ける切削用工具類や金属板などの消耗品受注は、生産活動の回復から堅調な見通し。
電設資材は、公共工事では施設の改修などで安定した工事量が見込まれるが、民間工事は工場や店舗などの設備投資が減少し、全体の取扱量は低調な見通し。
 

2020年7-9月の現況と2020年10-12月見通し

新型コロナの影響により設備投資が抑制され、機械需要は減少した。今後も、しばらくは設備投資マインドの回復は見込みにくく、受注は低調に推移する見通し。

工作機械やFA機器などの機械受注は、自動車関連を中心に投資の抑制が続き低調な見込み。機械に取り付ける切削用工具類や金属板などの消耗品受注は、生産活動の持ち直しに伴い上向く見通し。
空調機器は、教育施設での空調設備工事がピークを越え、受注は減少する見込み。
電設資材は、公共工事では大型施設の改修・設備工事が見込まれるが、民間工事では企業の設備投資や戸建て住宅の建設が減少し、全体では取扱量は低調な見通し。

2020年4-6月の現況と2020年7-9月見通し

新型コロナの影響による需要減で、受注は大きく減少した。今後は、徐々に経済活動の正常化が見込まれるものの、需要減は続き受注は低調に推移する見通し。

・工作機械やFA機器などの機械受注は、設備投資の抑制が続き低調な見込み。機械に取り付ける切削用工具類などの消耗品受注は、生産活動の回復力が鈍く低迷する見通し。
・空調機器は、教育施設での空調設置工事が続くほか、需要期を迎えるため堅調な受注が続く見込み。
・電設資材の取扱量は、公共工事で学校関連の改修・設備工事が見込まれるものの、民間工事で企業の設備投資が少なく、全体では減少する見通し。
 

2020年1-3月の現況と2020年4-6月見通し

機械需要は幅広い業種で設備投資が慎重化し低調だった。今後は、新型コロナの影響で設備投資マインドのさらなる低下が予想されるほか、営業活動の制限により受注は減少する見通し。

工作機械やFA機器などの機械受注は、自動車関連を中心に投資が抑制され大きく落ち込む見込み。切削用工具類などの消耗品受注は、生産活動の低下から低調となる見通し。
空調機器は、教育施設での空調設備工事が続くため、受注は堅調な見込み。
配線機器や分電盤などの電設資材は、昨秋の台風被害からの復興工事が下支えし、受注は堅調に推移する見込み。

 

 

このページに関するお問い合わせ

産業調査

電話番号:026-224-0501

FAX番号:026-224-6233