食料品製造

印刷

最終更新日: 2021年1月27日

2020年10-12月の現況と2021年1-3月見通し

外出自粛により、家庭用の需要は即席みそ汁などスープ類を中心に堅調だった。一方、宿泊施設や飲食店向けの業務用の需要は、GoToキャンペーンで復調したが、コロナの感染再拡大により年末に再び落ち込んだ。今後も家庭用の需要は堅調が見込まれるが、業務用は減少が予想され、全体では低調の見通し。

味噌は、飲食店向け等は落ち込むが、即席みそ汁など家庭用の需要は底堅い見通し。乾燥食品は、家庭用スープ需要を取り込み、業務用の減少をカバーする見込み。
コンビニ向け惣菜は、首都圏との往来、県内での移動共に自粛の動きが広がり需要減少の見通し。
 

2020年7-9月の現況と2020年10-12月見通し

即席みそ汁や加工肉など家庭用食料品の需要は堅調だったが、宿泊施設や飲食店向け業務用の需要は低迷が続いたことから、全体では低調だった。今後は、国の需要喚起策等から観光や外食の需要が上向くとみられるが、その回復力は弱く、低調の域を脱しない見込み。

味噌は、即席みそ汁など調理が簡便な商品を中心に家庭用が堅調なほか、宿泊や外食向けの業務用の生みそも徐々に持ち直すとみられる。乾燥食品は、家庭用の需要は堅調で横ばい、業務用はやや上向くとみられるが低調な見込み。
コンビニ向け惣菜は、弁当と共に底堅く推移するほか、イベントや旅行などでの利用がやや持ち直すとみられる。加工肉は、無添加製品を中心に家庭用の需要が堅調な見込み。

2020年4-6月の現況と2020年7-9月見通し

家庭用需要は調理が簡便な冷凍食品や保存性の高い即席みそ汁などを中心に堅調だったが、外出自粛により宿泊施設向けや飲食店向けなどの業務用需要は低調に推移した。今後は、外出自粛の解除を受けて、外食向けの需要が緩やかに持ち直すとみられる。

味噌は、即席みそ汁など調理が簡便な家庭用の商品が堅調な需要を維持するほか、外出の機会が徐々に増え、外食向けの業務用みそも緩やかに持ち直す見通し。乾燥食品や大豆関連製品は、家庭用の需要は横ばい、業務用は緩やかに回復する見通し。
・コンビニ向け惣菜は、イベントや旅行などでの利用が少しづつ戻るとみられるが、需要は低調な見通し。加工肉は、無添加製品を中心に家庭用の需要が引き続き堅調な見込み。

2020年1-3月の現況と2020年4-6月見通し

外出自粛により、宿泊施設向けや飲食店向けなどの業務用需要が3月頃から減少したが、日持ちがよく調理が簡便な冷凍食品や即席みそ汁など家庭用の需要は堅調だった。今後は、外出自粛の動きが強まるとみられ、業務用の需要は一段の減少を見込む。

味噌は、即席みそ汁など家庭用の調理が簡便な商品の需要は高まるが、業務用の加工みそは減少の見通し。乾燥食品や大豆関連製品も、家庭用の需要は横ばいだが、業務用の具材は減少が見込まれる。
コンビニ向け惣菜は、外出自粛によりイベントや旅行などでの利用は減少する見通し。加工肉は、無添加製品を中心に家庭用の需要が堅調な見込み。

 

 

このページに関するお問い合わせ

産業調査

電話番号:026-224-0501

FAX番号:026-224-6233