自動車部品

印刷

最終更新日: 2021年1月27日

2020年10-12月の現況と2021年1-3月見通し

新型コロナの影響で落ち込んでいた受注は上向いたが、前年の水準には戻らず低調だった。今後は、新型車向けを中心に徐々に持ち直していくとみられるが、半導体部品の不足に伴う完成車メーカーの減産による受注減少も見込まれ、低調となる見通し。

国内は、新型車や環境性能の高いハイブリッド車(HV)、軽自動車向けを中心に受注は徐々に増加していく見通し。
北米向けは、新車需要の持ち直しから、受注は底堅い見通し。中国向けは、HVなど環境性能の高い日系メーカー車が人気であり、順調な受注が見込まれる。東南アジア向けは、受注の減少幅は縮小しているものの、新車需要の落ち込みが続き、低調な推移を見込む。

2020年7-9月の現況と2020年10-12月見通し

完成車メーカーは減産していた生産体制を戻しつつあるものの、新型コロナ感染拡大前の水準には戻らず、受注は低調だった。新車需要が徐々に上向いてきていることもあり、今後は低水準ながらも受注は持ち直していくとみられる。

国内向けは、低水準ながらも、人気の車種向けを中心に受注は徐々に上向く見通し。
北米向けは、低金利ローンなどにより新車需要が持ち直しつつあり、受注は上向く見通し。中国向けは、日系メーカー車の販売が順調であり、安定した受注が見込まれる。東南アジア向けは、新型コロナの感染が拡大しているインドネシアを中心に新車需要の落ち込みが続くとみられ、受注は低調となる見通し。

 

2020年4-6月の現況と2020年7-9月見通し

新型コロナの影響で世界的に完成車メーカーが工場の稼働を一時停止したことや生産調整を実施したことにより、受注は大幅に減少した。ただ、中国はいち早く工場が再稼働し中国向け受注は順調だった。中国以外の工場も徐々に再稼働し始めていることから、受注量は持ち直していくとみられるが、新車需要の回復力に力強さはみられず、受注は低調となる見通し。

・国内向けは、低調な推移が続くものの、新型車向けを中心に受注は徐々に上向く見通し。
・北米向けは、現地の工場は再稼働したものの稼働率は低く、受注は低調を見込む。中国向けは、日系メーカー車の販売は順調であり、安定した受注が見込まれる。東南アジア向けは、タイやインドネシアなどで新車需要が落ち込んでおり、受注は低調となる見通し。

2020年1-3月の現況と2020年4-6月見通し

2月後半から新型コロナの感染拡大の影響で、主に中国向けの部品受注が減少した。また、感染が拡大している国内や米国、東南アジアでも工場停止や生産調整などの動きがみられ始め、今後は受注が大幅に減少する見通し。

国内は、生産調整や工場を停止するメーカーが多く、受注の減少が見込まれる。
北米向けは、外出禁止などにより新車需要が落ち込んでおり、受注は減少する見通し。中国向けは、現地の工場を再稼働するメーカーが出始めているが、新車需要の減少は続くとみられ、受注は低調を見込む。東南アジア向けは、物流停滞や工場停止により、受注は減少する見通し。

 

 

このページに関するお問い合わせ

産業調査

電話番号:026-224-0501

FAX番号:026-224-6233